読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いんでぃーづ

個人でゲーム開発してる上で吸収したモノたち紹介。UnityからGIMPまでなんでも。デザインとかゲーム論まで語っちゃうよ的なアレ。

MENU

Unity : 連番画像を動画として表示する

今回は、ファイルシステムに保存した画像を、コマ送り動画として表示させてみます。

Unity : テキストファイルをメンバ変数として扱う [C#]

TextAssetというクラスを使うと、テキストファイルを扱えます。 using System.Collections; using System.Collections.Generic; using UnityEngine; using System.IO; public class TextSerializeTest : MonoBehaviour { // テキストファイルをメンバ変数に …

Unity : 錯視での瞬間移動を表現する

先日試したモニュメントバレーの件でもういっこ。 錯視で離れている場所がつながり、さも最初から道があったかのように移動できるギミックをためしました。 古くは無限回廊からある手法ですね。

Unity:重力に逆らい、球面にそって垂直に歩かせてみる

最近 モニュメントバレー [iOS, Android] という錯視パズルゲームを遊んでまして、 おしゃれでよくできてるなあと感嘆しておりました。 で、錯視もさることながら、プレイヤーの姫が重力に逆らい垂直に壁を歩いていったりするのです。 今回はそれをどうにか…

UnityでiOSのNotification:ローカル通知編

モバイルに通知機能あれど取り組む暇はなし。 その中でも導入が比較的に簡単な、iOSのローカル通知の使い方をまとめました。

知らないと損する! Unityで使えるC#の配列リスト型4種類

各種データをまとまりで保存しておく場合、まっさきに思いつくのが配列ですが、Unityでは(というか.NETでは)用途別に便利な型を使うことができます。

UniRxでアドベンチャーゲームのテキスト表示を実装

最近UniRxにハマっていまして、今回はアドベンチャーゲームなど汎用的に使えるテキストシステムをUniRxで書いてみました。 以下のような動作になります。 かなり"それっぽく"見えるでしょう。

あのゲームを雑に再現する:アングリーバード

先駆者をリスペクトしつつありがたくパクらせて 教材とさせていただく企画第二弾。 今回はアングリーバードを再現します。

AndroidプラグインからUnityの関数を呼び出す - UnitySendMessage

以前の記事でAndroidのプラグインの関数を呼び出す方法を書きました。 逆にAndroidからUnityのメソッドを呼び出したい場合、もう一手間必要となります。

記事一覧・プログラム、スクリプト

Unityプログラムtips Invoke , Coroutine , SendMessage で文字列を使わない方法 - いんでぃーづ Unity : コライダのOnCollisionEnter, OnTriggerEnter が呼ばれない、反応しない - いんでぃーづ Unity : レイヤーマスク値のつくりかた - いんでぃーづ Unity…

C#のEnumのtips

System.Enum クラス のメソッドを使うことで、いろいろ便利なことができます。

Unity : ロード済みシーンの切り替えを一定時間待つ

普通にシーンをロードしてしまうと、完了した瞬間に新しいシーンに切り替わってしまいます。 たとえば、バックグランドでシーンをロードしつつ、少なくとも1秒以上はなにかしら画像を表示したい、というとき 今回紹介するテクニックを使ってみてください。

Unity : モバイル画面の方向を固定、あるいは変化を検出

Android, iPhoneなどで動かす場合には、端末の方向を考慮してGUIなどを構成する必要があります。 その場合、あらかじめ向きを固定してしまうか、画面の回転を検出して補正を行いましょう。

Unity : モバイルでのスワイプ、ドラッグ入力量を補正する

モバイル向けに作っていると割と困るのが、Input.touchesで取得した入力位置です。 これは Screen.width, Screen.height の大きさに依存するので、解像度が違う端末でのインタラクションがまちまちになってしまいます。 例えば解像度 1920x1080 の端末で1セ…

Unity : ログ機能を便利に使う

デバッグ用にログ出したい! ってときに、 Debug.Log(“これはログです"); で済ませてませんか? Unityのログ機能を使いこなして便利に開発を進めましょう!

Unity : Enum型をシリアライズ保存するときのコツ

Enum型使ってますか? 変数の状態を直感的に記述できていいですよね。

Unity : ScriptableObjectを書き出すウインドウを自作してみた

ScriptableObjectについて書いたのですが、いまいち使いづらいところがあります。 なによりなんとかしてほしいのは、作り方がめんどくさいこと! ということで、ScriptableObjectを出力してくれるスクリプトを自作しました。

Unity : 不変データはScriptableObject を使って管理するとドヤ顔できるかもしれない

敵の攻撃力や防御力など、「ゲーム全体で共通かつ不変」なデータを持たせたい場合は数多くあります。 そんな時つい、やってしまいがちなのが、プレハブ自体に値を持たせる方法。 こんなふうに持たせてしまうと、Instantiateするたびにこれらの変数がメモリに…

Unity : NavMeshAgentで、これから通る経路を描画する

ゲームの効果として、キャラクターがこれから通る道を線で描画してみるなど。 経路の描画で使用するのはLineRendererです。

UnityでJSONを扱う [C#]

最近はJSONを扱うためのクラスが用意されてるんですよねー JSON文字列からデータを取得する場合 1. データを用意する 今回はWebサーバからJSONを取得してみます。 http://hogehogehoge/hoge.json というアドレスから以下のようなJSONが取得できるとします。

Unity : 意図的にWarningを残したい

ソースには問題ないんだけど後でちょっと直したい、という時、忘れないように"TODO"としてコメントに書き残したりしますが、それをUnityのコンソールに出すようにすればさらに忘れにくくなります。 C#のみ対応です。 #warning output warning Unityのコンソ…

Unity : C#のファイルが大きくなりすぎるのを防ぐには

開発を進めていくうちに、一つのファイルの行数が肥大化していくのは経験したことがあるとおもいます。 そんなときにC#でクラスを複数ファイルに分割して記述する方法があります。

Amazon.co.jpアソシエイト