いんでぃーづ

個人でゲーム開発してる上で吸収したモノたち紹介。UnityからGIMPまでなんでも。デザインとかゲーム論まで語っちゃうよ的なアレ。

MENU

Tips

Unity+Firebaseで簡単・無料のiOSプッシュ通知

ユーザにアプリの存在を思い出してもらったり、キャンペーンを通知するなど、モバイルでのプッシュ通知は重要ですよね。 Android, iOS両対応させたい場合も多いと思いますが、プラットフォームごとに仕様が違ってけっこう大変です。 特に通知を「送信する」…

Unity+Firebaseで簡単・無料のiOSプッシュ通知 〜(2) Firebaseの設定

1 2 3 次にFirebaseの設定を行います。

Unity+Firebaseで簡単・無料のiOSプッシュ通知 〜 (3)XCodeの設定

1 2 3 Xcodeプロジェクト 最後に、書き出したXcodeプロジェクトの設定です。

UnityでiOSのNotification:ローカル通知編

モバイルに通知機能あれど取り組む暇はなし。 その中でも導入が比較的に簡単な、iOSのローカル通知の使い方をまとめました。

知らないと損する! Unityで使えるC#の配列リスト型4種類

各種データをまとまりで保存しておく場合、まっさきに思いつくのが配列ですが、Unityでは(というか.NETでは)用途別に便利な型を使うことができます。

uGUIのサイズを変えたときに赤いバッテンが出る理由 : Unity

GUIのPanelのサイズをいじってるときに、赤いコンニャロウに会ったことはありませんか。 これはアンカーが離れていると発生します。

Unity : アプリ内ストアを最小限のスクリプトで実装する

Unityのアプリ内購入は、コードをほとんど書かずに実装することができます。

Unity : 二種類の StandardShader の違い

Unity5で鳴り物入りで追加されたStandardShader ですが、みなさん使いこなせているでしょうか。 一口に StandardShaderと言っていますが、このシェーダーは実は二種類あるんです。

AndroidプラグインからUnityの関数を呼び出す - UnitySendMessage

以前の記事でAndroidのプラグインの関数を呼び出す方法を書きました。 逆にAndroidからUnityのメソッドを呼び出したい場合、もう一手間必要となります。

C#のEnumのtips

System.Enum クラス のメソッドを使うことで、いろいろ便利なことができます。

Unityで使用できる3Dモデルファイル

Unityではいろいろな形式の3Dモデルファイルに対応していて、そのほとんどが ドラッグ&ドロップ のみでインポートできます。 ソフトウェアに依存するファイル形式 .mb .ma .blend .3ds .max .c4d ソフトウェアに依存しないファイル形式 .fbx .obj 番外:MMD

Unity : ゲーム画面にAdmobを表示する一番かんたんな方法

Admob表示させるだけなら、アセットなんて買わなくたってできます なにせ本元GoogleさんからUnity用のプラグインが出ているのである。 github.com なお、すでにAdmobのアカウントは取得済みで、広告も作成済みとします。 Unityプラグインを導入してみる まず…

Unity : Android向けビルド時にエラーダイアログが出たらJDKのバージョンかも

Androidビルド時に下のようなダイアログが出たら、 Unable to convert classes into dex format. See the Console for details. と出た場合はまずコンソールのエラーログを見ます。 対象のエラーをタップすると、その下に詳細エラーが出ます。 この欄に Unsu…

UnityのHTTP通信クラスがいろいろできて便利

UnityにはHTTP用の WWWクラス が用意されています。 このクラス、ダウンロードしたデータを 各種コンポーネントで使えるように自動変換 してくれるスグレモノなのです。

Unity : Android向けにビルドするまでの最短手順

UnityからAndroid用にアプリを書き出す際の手順をまとめました。 実機インストール用のビルド設定です。(シミュレータではない)

Unity Ads でテスト用広告しか表示されなくなってしまった場合

UnityAdsでは、広告表示メソッドの第二引数に true を指定することで、テスト用の特殊な広告を表示させることができます。 Advertisement.Initialize("XXXxxxxx", true); が、falseにしてもテスト広告しか表示されなくなってしまうケースがあります。そのま…

Apple Developer Programに登録する

UnityでiPhone用のゲームを作ったら、ぜひともAppStoreで公開したいですよね。 そのためにはまず、Appleのサイトから Developer Programに登録することが、アプリ公開の第一歩となります。

Unity : iOS実機デバッグまでの必要最低限の作業

AndroidではUnity上から即ビルド&実機インストールまでできるんですが、iOSはそういきません。 今回(ほぼ)はじめてiOSビルドに挑戦したので、やったことをまとめました。

Unity : ロード済みシーンの切り替えを一定時間待つ

普通にシーンをロードしてしまうと、完了した瞬間に新しいシーンに切り替わってしまいます。 たとえば、バックグランドでシーンをロードしつつ、少なくとも1秒以上はなにかしら画像を表示したい、というとき 今回紹介するテクニックを使ってみてください。

Unity : プロジェクトに埋もれたアセットを一瞬で探し出す方法

スクリプトやらプレハブやらが増えてくると、プロジェクトから探し出すだけで一苦労になったりします。 今回はそんなときに迷わずにすむ、ナイスな機能をご紹介。

Unity : モバイルでのスワイプ、ドラッグ入力量を補正する

モバイル向けに作っていると割と困るのが、Input.touchesで取得した入力位置です。 これは Screen.width, Screen.height の大きさに依存するので、解像度が違う端末でのインタラクションがまちまちになってしまいます。 例えば解像度 1920x1080 の端末で1セ…

Unity : 不要なアセットを削除して、プロジェクトをスリムに保とう

先日 Unity5.4 が正式にリリースされ、さっそく導入した方も多いとおもいます。 その場合、もちろん既存プロジェクトを再インポートすることになると思いますが、使っているアセットが多いとむちゃくちゃ時間がかかりますよね。 モデルやテクスチャのアセッ…

Unity : モバイル端末のコンパスを使うときに気をつけること

Android, iOS 端末では、端末についているコンパスを使うことができます。 ただ、マニュアルを見てると値がいろいろあって、ナンノコッチャ結局どれ使えばいいの、って状態になったので、少し調べてみました。

NavMeshObstacleを避けて移動してくれない場合

NavMeshObstacleを配置してもNavMeshAgentが回避せず突っ込んでしまう場合、Carveオプションをチェックします。 Carveとは英語で「切る、刻む」という意味で、シーンに焼き込んだ NavMesh を切って穴を開けるという意味で使っているようです。 NavMeshObstac…

Unity : Image と RawImage は何が違うのか

GUIで画像を貼り付けたい時、ImageコンポーネントとRawImageコンポーネントでどっちを使うか迷ったりしませんか? 無駄に悩む事がないよう、しっかり違いを把握しておきましょう。

GIMPでテキストにグラデーションをかける

ロゴとか作るときにテキストにグラデーションかけたい場合。

Unity : ログ機能を便利に使う

デバッグ用にログ出したい! ってときに、 Debug.Log(“これはログです"); で済ませてませんか? Unityのログ機能を使いこなして便利に開発を進めましょう!

Unity : Enum型をシリアライズ保存するときのコツ

Enum型使ってますか? 変数の状態を直感的に記述できていいですよね。

Unity : ScriptableObjectを書き出すウインドウを自作してみた

ScriptableObjectについて書いたのですが、いまいち使いづらいところがあります。 なによりなんとかしてほしいのは、作り方がめんどくさいこと! ということで、ScriptableObjectを出力してくれるスクリプトを自作しました。

Unity : 不変データはScriptableObject を使って管理するとドヤ顔できるかもしれない

目次 ScriptableObjectを作成する ScriptableObject のデータを設定する データを書き換えられないようにスクリプトを修正する 敵の攻撃力や防御力など、「ゲーム全体で共通かつ不変」なデータを持たせたい場合は数多くあります。 そんな時つい、やってしま…

Amazon.co.jpアソシエイト