読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いんでぃーづ

個人でゲーム開発してる上で吸収したモノたち紹介。UnityからGIMPまでなんでも。デザインとかゲーム論まで語っちゃうよ的なアレ。

MENU
{スポンサーリンク}

Unity 5.1 変更点

Tips Unity Unity5.1

先日 Unity5.1 がリリースされたので、リリースノートをチェックしました。

http://unity3d.com/unity/whats-new/unity-5.1

箇条書き気味だけど許してね(thpr)


大きめの変更

新しいマルチプレイヤーネットワーク

http://docs.unity3d.com/Manual/UNet.html

UnityEngine.Networking ネームスペース

NATの制限を受けないためのクラウドベースサービス、マッチメイキングサービス

https://multiplayer.unity3d.com

既存のマルチプレイヤの仕組みはdeprecatedに

新しいネットワークコンポーネント

基底クラス:NetworkBehaviour

新しい NetworkManager

マルチプレイヤーゲームのコントロール、設定

Cculus Rift との統合

http://docs.unity3d.com/Manual/VROverview.html

UnityEngine.VR ネームスペース

そのうち別記事でやるかも

新しいAssertライブラリ

http://docs.unity3d.com/ScriptReference/Assertions.Assert.html

UnityEngine.Assertions ネームスペース

本番ビルド時にコンパイルから外すことができる

新しいアナリティクスが統合された

UnityEngine.Analytics ネームスペース

PlayerSetting画面から設定できる

http://analytics.unity3d.com


グラフィック系

新しいHDRカラーピッカー

HDR:ハイダイナミックレンジ合成

明暗比が大きいのをなんとかする?

DXTをサポートするプラットフォームで新しいテクスチャ圧縮フォーマットが使えるようになった
WindowsOpenGL 4.5 と OpenGL ES 3.1 をサポートした
立ち上げた直後のランチャー画面でログイン、ライセンス認証できるようになった

細かい変更(気になった部分だけ)

設定

XboxOne で新しいXDKでビルドするようになった

プレイヤー設定で、useDirect3D11, targetGlesGraphics, targetIOSGraphics が非推奨に。そのかわり SetGraphicsAPIs とか使ってね

物理演算

ヒンジジョイント変更

  • Limit, Motor, Spring プロパティを設定しても、自動で有効にならない。useLimit, useMotor, useSpring を設定してね。
  • Motor と Spring が有効になっている場合、Spring を無効にする。その状態で Motor を無効にすると、Spring が有効になる
  • MaxBounce と MinBounce は bounciness にまとめた
  • 対象の角度を即時で測るようになった
  • BounceMinVelocity プロパティ追加。はずむのに必要な最低値。
  • ヒンジジョイントが更新されたとき、つながっているRigidBodyが自動でウェイクアップ RigidBody2D に、PositionとRotationを固定する機能追加

アニメーション

Generic のアニメーションとヒューマノイドのアニメーションが同時に再生されると、ヒューマノイドのほうが優先されるように

コンディションの変更によらないアニメーション遷移でワーニングを出すように。遷移もしない。

アニメーションレコーダーが有効でないと Animator.speed プロパティを負の値にできない

アニメーション遷移時間がデフォルト値を持つように

遷移がコピペできるようになった

遷移時間が絶対時間で指定するようになった(今までは normalized time ?)

エディタ

新しいゲームオブジェクトの名前付けルール変更("Cube (1)”みたいに)

色のコピペできる部分が増えた

シーンビューのグリッドが見やすくなった(1メートルより小さいグリッドも表示されるように)

数値入力フィールドに演算子を書けるようになった。+ - / * % ( )

クラス

Materialクラスの Material(string) コンストラクタが使えなくなった。ランタイムでの固定関数シェーダ作成は将来的にできなくなる。

NetworkView コンポーネントが非推奨に

テラインの TerrainData.alphamapTextures プロパティがスクリプトから触れるようになった

Attribute に CreateAssetMenu 追加。ScriptableObject につけると Assets/Create メニューに表示されるようになった。

Vector2.Reflect 関数追加

Texture2D.GetRawTextureData 関数追加

Vector2.down と Vector2.left プロパティ追加

MonoDevelop

C#ツールチップを表示させるXMLを同梱

WebGL

Input.touches と Input.accelerationをサポート

Android

デフォルトテーマを使うようになった(どこでだろう)


とりあえず拾ったのはここまで。(途中であきらめた。。) あとXboxOne関係もいろいろアップデートされてたので、気になる方はチェケラ!

Amazon.co.jpアソシエイト