いんでぃーづ

個人でゲーム開発してる上で吸収したモノたち紹介。UnityからGIMPまでなんでも。デザインとかゲーム論まで語っちゃうよ的なアレ。

MENU

Unity+Firebaseで簡単・無料のiOSプッシュ通知

{スポンサーリンク}
{スポンサーリンク}

ユーザにアプリの存在を思い出してもらったり、キャンペーンを通知するなど、モバイルでのプッシュ通知は重要ですよね。

Android, iOS両対応させたい場合も多いと思いますが、プラットフォームごとに仕様が違ってけっこう大変です。

特に通知を「送信する」側はサーバを実装しなければならなかったりしたので特に面倒だったのですが、高機能ないわゆるmBaaSの登場により敷居が下がってきています。

今回はGoogleFirebaseというサービスを使って、iPhone, iPadに通知を表示させるまでをまとめてみました。

iOS用のビルドなので例によってMac環境です。

※2017/1/20時点の内容です。

・環境
macOS Sierra
Unity 5.5
Xcode 8.2.1


Firebaseとは

Googleが運営しているモバイルバックエンドサービスです。

むっちゃ高機能&多機能です。

Firebase | App success made simple

この中に、各モバイルのプッシュ通知(AppleのAPNs、GoogleのGCMを統合したFCM)を同じコンソール上から送信できるという素晴らしい機能があるのです。

しかも無料! イケメン!

AppleDeveloperProgramに登録しておく

Appleのプッシュ通知機能APNsを使うには、DeveloperProgramに登録しなければなりません。

まだやってない方は、こちらの記事を参照してください。(登録にはお金かかるので注意。)

indie-du.com

APNsの設定

FirebaseのサーバからAPNsのサーバに暗号通信を行うための、SSL証明書を作成します。

Appleのサーバで作成した証明書Firebaseにアップロードし、FirebaseからAPNsに証明書を使って接続するという形です。

Provisioning APNs SSL Certificates  |  Firebase

自PCで証明書要求を作成

Appleに証明書を作成してもらうための、要求ファイルを作成します。

Macキーチェーンアクセスアプリを開き、メニューから「認証局に証明書を要求」をクリック。

f:id:sugar_affordance:20170120193502p:plain

ダイアログに「ユーザのメールアドレス」と「通称」を入力し、「ディスクに保存」を選択。さらに「鍵ペア情報を指定」にチェックを入れ、適当な場所に保存します。

f:id:sugar_affordance:20170120193604p:plain

MemberCenterでAppIDの作成

証明書はDeveloperProgramに加入すると見れるMember Centerで作成します。

Sign in with your Apple ID - Apple Developer

証明書を作成する前に、プッシュ通知を受け取るアプリの設定をしましょう。

ログインして「Certificates, Identifiers & Profiles」という項目を開くと下の画面になるので、

f:id:sugar_affordance:20170120193753p:plain

左メニューで「App IDs」をクリックし、右上の+ボタンを押します。

すると次の画面に

f:id:sugar_affordance:20170120194215p:plain

AppIDに好きな値を入れ、下にスクロール。

f:id:sugar_affordance:20170120194427p:plain

App ID SuffixはExplicit App IDを選択し、一意なBundle ID を入力。

WildcardAppIDだとPushNotificationを利用できないので注意。

さらにその下の項目で、PushNotificationにチェックを入れます。

f:id:sugar_affordance:20170120194526p:plain

AppIDをすでに作成済みの場合、以下のよにPushNotificationが有効になっているか確認しましょう。

f:id:sugar_affordance:20170120194611p:plain

MemberCenterで証明書を作成する

これで証明書を作成できます。

MemberCenterのCertificatesのAllをクリックして右上の+ボタンを押します。

f:id:sugar_affordance:20170120194642p:plain

次の画面でプッシュ通知を選択して進みます。

f:id:sugar_affordance:20170120194709p:plain

次の画面で、さきほど作成したApp IDを選択し、次に進みます。

さらに進むとCSRファイルをアップロードする画面に出るので、さきほどキーチェーンで作成したファイルをアップロードします。

すると.cerファイルをダウンロードできるのでダウンロードします。

ダウンロードしたcerファイルをダブルクリックすると、キーチェーンが立ち上がり、鍵が登録されます。

f:id:sugar_affordance:20170120195157p:plain

Apple Development IOS Push Services」という名前で登録されているので分かりやすいです。

その鍵を右クリックし、「〜を書き出す」をクリックしてファイルにします。

この.p12ファイルがFirebaseにアップロードするファイルです。

    
            
  • 1
  •         
  • 2
  •         
  • 3
  •     

Amazon.co.jpアソシエイト