いんでぃーづ

個人でゲーム開発してる上で吸収したモノたち紹介。UnityからGIMPまでなんでも。デザインとかゲーム論まで語っちゃうよ的なアレ。

MENU

Unity2017新機能のSpriteAtlasには、旧スプライトパッカーからすぐ移行するべき

{スポンサーリンク}
{スポンサーリンク}

Unity2017でスプライトパッキングの仕組みが刷新されました。

docs.unity3d.com

「今開発中のはスプライトパッカーで十分だし、まだいいかなー」などと思わず すぐ移行すべき だと思います。

というのも、アセットストアで購入したスプライトにありがちな問題をすぐさま解決 してくれるからです。


旧SpritePackerの パッキングタグ はテクスチャ単位のため、不要なスプライトも全部パッキング されてしまっていました。

例えば下のようなアセットの一部だけ使いたくても、全部がパックされてしまいます。

f:id:sugar_affordance:20170726105112j:plain

ですが新しい仕組みのSpriteAtlasを使えば 必要な部分だけくりぬいてパックしてくれる ので、無駄なデータをビルドに含まずに済みます。

一部のスプライトだけシーンに置いてビルドした結果を比較してみました。

f:id:sugar_affordance:20170726105134j:plain

上が旧スプライトパッカー使用時、下がスプライトアトラス使用時です。

f:id:sugar_affordance:20170726105418j:plain

f:id:sugar_affordance:20170726105435p:plain

まあ単純にファイルサイズだけ比較してもしょうがないかもしれませんが、参考までに。

特にアセットストアで買ったスプライトなどはこういう構成になっていることが多いので、データ削減に大いに役立ってくれると思います。

orz

実は自分で「テクスチャからスプライトを切り抜いて新しくテクスチャ化する」というエディタ拡張を書いて運用してました。
そしたらこんな便利が機能ができていた。。。
「アセット化したらウマウマw」とか思ってるうちにβのリリースノートちゃんと読むんだった orz

Amazon.co.jpアソシエイト