いんでぃーづ

ゲームメインのブレブレブログ。ゲーム,Unity,デザイン,UI/UX

クレイジー・ビート・ジャンクション : on Steam

Unity : フォントデータから必要な文字だけインポートし、容量を軽くする

{スポンサーリンク}

フォントファイル(ttf, otf)をそのままアプリにブチ混むと、そこそこの容量になる。
あらかじめ使用する文字がわかっているなら、その文字だけインポートすることで大幅な容量の節約になります。

やりかたは簡単で、フォントファイルを選択し、
Character欄で Custom Setを、
Custom Chars 欄に使う文字列を入力し、Applyボタンを押すだけ。

f:id:sugar_affordance:20170518175427p:plain

ビルド時に 1MB近くあったものが、極小になりました。

f:id:sugar_affordance:20170518175747p:plain

当然ですが、インポートしていない文字は使えません。


“Unity” and Unity logos are trademarks or registered trademarks of Unity Technologies or its affiliates in the U.S. and elsewhere, and are used under license.


Amazon.co.jpアソシエイト


免責事項

当サイトの広告バナー、リンクによって提供される情報、サービス内容について、当サイトは一切の責任を負いません。

また、当サイトの情報を元にユーザ様が不利益を被った場合にも、当サイトは一切の責任を負いません。

すべて自己責任でお願いします。