いんでぃーづ

ゲームメインのブレブレブログ。ゲーム,Unity,デザイン,UI/UX

Unity : アセットのAnimationClipを編集する

3Dモデルのアニメーションで 「腕の角度が足りない!」とか「もっと逸れ!」とか思うことが、まれにあると思うんですよ。
そんな時に既存Assetのアニメーションを編集する方法をお教えします。

アセットからAnimationClipだけ抜き出す

3Dモデリングソフトから出力したアニメーションだったり、AssetStoreからインポートしたアニメーションは、モデルデータの中にAnimationClipが内包されている場合があります。

Mecanimで使用するのはAnimationClipのみでよいため、場合によってはAnimationClipのみ抜き出したほうが扱いやすい場合があります。
というか編集したいなら、このままの状態だとできません。
プロジェクトビューでAnimationClipを選択し、Ctrl + D (Macでは Cmd + D)を押してみましょう。

AnimationClipのみが複製され、別アセットとして扱うことができるようになります。
このアセットをインスペクタビューで見ると

パラメータを直接いじることができます。
ここのパラメータはアニメーションの編集とはあまり関係ないですが、Mecanimと連携する際に注意する部分です。  

Animationウインドウでアニメーション編集

先の手順で複製したアニメーションをAnimatorControllerに含め、シーン中のモデルに追加したAnimatorコンポーネントに設定します。(ややこしい!)

下が、コピーしたAnimationClipを含むAnimatorController 

f:id:sugar_affordance:20160513155548p:plain

それをTestAnimatorControllerとして保存します。
TestAnimatorControllerを設定したモデルの状態が下。

f:id:sugar_affordance:20160513155546p:plain

この状態でAnimationウインドウを開きましょう。(メニューの Window → Animation。もしくは Ctrl + 6キー

シーンビューでモデルを選択すると、AnimatorController内のアニメーションをリストから選択することができます。

f:id:sugar_affordance:20160513155552p:plain

これでキーフレームの追加、編集、アニメーションイベントの追加までできちゃうぞ!やったー!


“Unity” and Unity logos are trademarks or registered trademarks of Unity Technologies or its affiliates in the U.S. and elsewhere, and are used under license.


免責事項

当サイトの広告バナー、リンクによって提供される情報、サービス内容について、当サイトは一切の責任を負いません。

また、当サイトの情報を元にユーザ様が不利益を被った場合にも、当サイトは一切の責任を負いません。

すべて自己責任でお願いします。