いんでぃーづ

ゲームメインのブレブレブログ。ゲーム,Unity,デザイン,UI/UX

Unity上で3Dアニメーションを編集する - Animationウインドウ

{スポンサーリンク}

3Dアニメーションはモデリングソフトで作ってからUnityに読み込まなくちゃいけねい
と思ってるそこのあなた! いや、奥さん! むしろJKのお嬢さん!(願望)

実はUnityでアニメーションの作成や、アセットストアから買ったアニメーションの編集ができちゃうんです。

※ちなみにiTweenなどを使った”アニメーション”とは別ですよ。

新しくアニメーションを作成する

まずシーン内に適当なオブジェクトを設置して選択状態にし、Animationウインドウを開きましょう。(メニューの Window → Animation。もしくは Ctrl + 6キー。Macは Cmd + 6)
この時点ではオブジェクトにはアニメーション関係のコンポーネントは何もついていません。

Animationウインドウ

この状態でAnimationウインドウの右枠にあるCreateボタンを押すと、保存ダイアログが出るので適当な名前で保存します。   ここでGameObjectを確認すると

自動でAnimatorコンポーネントがGameObjectに追加されました。
しかも初期状態のアニメーションがすでに設定されています。  

次は Anima”tion"ウインドウでなくAnima”tor”ウインドウを開いてみましょう。(メニューの Window → Animator)

Animatorウインドウ

このアニメーションはたった今保存したファイルを指しています。
Animationウインドウでこのアニメーション(AnimationClip)を編集していくことができます。

GameObjectを選択した状態で、作成したアニメーションをAnimationウインドウで選択。アニメーションを編集する準備ができました。  

ご存知のようにUnityは ”フレーム” 単位でゲーム画面を描画します。
Animationウインドウでは、Add Propertyボタンからフレームごとの数値を設定していくことで、独自のアニメションを作成していくことができます。

キーフレームを追加してみる

Add Propertyボタンから Transform の + ボタンを押してみましょう。

菱形の記号が追加されたはずです。
この菱形の位置にオブジェクトの値(キーフレーム)を保存してならべていくことで、連続的な変化としてアニメーションを作成することができます。

現在は0秒目と1秒目の位置にキーフレームが作成されてい流状態です。

キーフレームを編集する

0:00 と書いてある部分をクリックし、赤い縦線の位置を変更します。

これで0:00秒の位置のアニメーションが編集できます。
編集するアニメーションは、常に赤線の位置のものになるので注意してください

この状態で、左上の赤丸ボタン(録画ボタンみたいなやつ)が押されている状態であることを確認し、数値を変更してみます。
シーンビュー上で動かすか、値を直接変えてもいいです。

これだけでアニメーションが編集できました。

Transformの位置だけでなくコライダーやメッシュのパラメータもアニメーションとして含めることができます。
下の画像は、球体のTransformとコライダーのRadiusにアニメーションを適用させた例です。

f:id:sugar_affordance:20160514220809g:plain

アニメーションカーブを編集する

Animationウインドウの下部分でCurvesを選択すると、アニメーションを視覚的なカーブで確認できます。

f:id:sugar_affordance:20161225230346p:plain

インポートしたアニメーションを編集する

3Dモデリングソフトからインポートしたアニメーションは、そのままだと編集できない場合があります。
下のようにRead-Onlyとついている場合です。

その場合、こちらの記事の方法でアニメーションを編集できるようにしましょう。

indie-du.com

プロパティ値の変更や、新たにプロパティを追加することができます。

 Unityのアニメーション編集は十分高機能

Animationウインドウを使えば、GUIのアニメーションなども作成することができます。
意外と使える機能なので使わないのはもったいないです!


“Unity” and Unity logos are trademarks or registered trademarks of Unity Technologies or its affiliates in the U.S. and elsewhere, and are used under license.


免責事項

当サイトの広告バナー、リンクによって提供される情報、サービス内容について、当サイトは一切の責任を負いません。

また、当サイトの情報を元にユーザ様が不利益を被った場合にも、当サイトは一切の責任を負いません。

すべて自己責任でお願いします。