いんでぃーづ

ゲームメインのブレブレブログ。ゲーム,Unity,デザイン,UI/UX

GIMPでテキストにグラデーションをかける

ロゴとか作るときにテキストにグラデーションかけたい場合。

テキストを配置する

「テキスト」レイヤーの中にてきとうにテクストを配置します。 このとき、テキストの色は真っ黒にしてください。

f:id:sugar_affordance:20160629081945p:plain

レイヤーを整える

テキストを配置したら、以下の画像のようなレイヤーの構成にします。

f:id:sugar_affordance:20160629081942p:plain

「グラデーションテキスト」というレイヤーグループの中に、さきほど作成したテキストのレイヤーと、グラデーション用のレイヤーを作ります。

グラデーションのレイヤーを着色する

「グラデーション」レイヤーにブレンドツールでグラデーションをかけます。

f:id:sugar_affordance:20160629081950p:plain

f:id:sugar_affordance:20160629081947p:plain

この状態ですが見た目まっつぁおですが気にしないでください。

そしておもむろに「グラデーション」レイヤーのレイヤーモード比較(明)にする。

f:id:sugar_affordance:20160629082239p:plain

あ・ら・ふしぎ

f:id:sugar_affordance:20160629082244p:plain

文字の形にそって、きれいにグラデーションがかかりました。

仕組み

レイヤーモード「比較(明)」は、レイヤーで重なっている色から明るい色を選んで描画します。 テキストの色が真っ黒であるため、ピクセルの色が黒より明るいグラデーションレイヤーの色が全適用されるという仕組み。

テキストの色が真っ白の場合、比較(暗)を選べば同じ効果が出ます。

他の方法

テキストからパスを作ってグラデーションかける方法もありますが、あんま好きくない。 こっちの方法ならグラデーションレイヤーの色を変えるだけでいかようにも色着せ替えできます。


“Unity” and Unity logos are trademarks or registered trademarks of Unity Technologies or its affiliates in the U.S. and elsewhere, and are used under license.


免責事項

当サイトの広告バナー、リンクによって提供される情報、サービス内容について、当サイトは一切の責任を負いません。

また、当サイトの情報を元にユーザ様が不利益を被った場合にも、当サイトは一切の責任を負いません。

すべて自己責任でお願いします。