いんでぃーづ

ゲームメインのブレブレブログ。ゲーム,Unity,デザイン,UI/UX

Unityの背景グラデーション描画用スクリプトをGitHubでForkしてLWRPに対応した

Steamのレビュー待ちのあいだにスマホ用のカジュアルゲームを作っていて、背景に困って 適当なグラデーションでぬりつぶせないかな と探していたらいいものが紹介されていらっしゃった。

baba-s.hatenablog.com

github.com

でも今作っているゲームは LWRP (LightWeightRenderPipeline) で作っているので、このスクリプトは使えない...

なら自分でやっちまうか と思い立ったが吉日、そういえばGitHubもろくに使っていなかったのでこの際 Fork とやらをやってみた。

f:id:sugar_affordance:20190626193223g:plain

github.com

LWRPの拡張

LWRPでも CommandBuffer は使えるが、Cameraに対するスクリプトではなく SciptableObject を用意してプロジェクトに設定する形らしい。

GitHubでフォーク

GitHubの右上にある Forkボタン を押したら速攻で自分のリポジトリにフォークされてあせったw

LWRPに自分のスクリプトをはさむ方法は下記のサイトを参考にした。

connect.unity.com

上記サイトのとおりにやったら難なく完了。ただ ScriptableRendererFeature アセットにあたるものは Custom Forward Renderer アセット の下に自動で作成されたので、自分で作る必要はなかった。
というか自分で作ってしまうと、シリアライズしたい値を参照できない

ソース作成でやったことは、ほぼ元ソースをコピペしてScriptableObjectにしただけ。

github.com

READMEとGitのログは適当...


うまくまとまらなかったので思い立ったら追記


“Unity” and Unity logos are trademarks or registered trademarks of Unity Technologies or its affiliates in the U.S. and elsewhere, and are used under license.


免責事項

当サイトの広告バナー、リンクによって提供される情報、サービス内容について、当サイトは一切の責任を負いません。

また、当サイトの情報を元にユーザ様が不利益を被った場合にも、当サイトは一切の責任を負いません。

すべて自己責任でお願いします。